かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

EclipseFPで遊ぶ

EclipseFPを昔にいれたっきりだった。
GHCかHugsを入れてEclipseのプロパティのFunction Programingの所に適切なコンパイラ/インタプリタの場所を教えてあげれば設定終了。
一応たしなみとしてshow line numberとInsert space for tabにはチェックを入れておく。


Haskellパースペクティブに切り替える。
多分Module Browser(JavaのPackage Explorer)とConsoleとOutlineとエディタとHaskell Compiler Outputがあれば作業は出来るはず。
最初Module Browserに気づかずに、Navigatorでやってて不便だったorz


プロジェクトを1個作成してみるとModule Browserに1つ出来上がる。
srcにModuleを1つ作成。
中身を空にして、下のプログラムを打ち込む。おなじみのHello world

main = putStrLn "Hello wordl"

Ctrl+Sで保存をするとtheResult.exeっていうのが出来上がると思う。
こいつを右クリックしてRun As -> Run Haskell Applicationで実行!!


といっても遊ぶのにはこれはあんまり使わないだろう。
遊ぶためには、Run As -> Run GHCi SessionかRun As -> Run Hugs 98 Sessionのどちらかがいい。
これはファイルを読み込んでインタプリタが起動する。
んで、mainって打ち込むとmain関数が実行されてHello worldが表示される。

別にmainじゃなくても別の関数を定義すれば普通に使えるので素敵。