かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

WCF RIA Services Toolkit

ずっと何のためにあるのかわからなかったWCF RIA ServicesのToolkitですが、見てみるとこんな機能が・・・。

  1. LinqToSql DomainService
  2. Soap endpoint - This enables you to expose a soap endpoint for your DomainService
  3. JSON endpoint - This enables you to expose a JSON endpoint for your DomainService
  4. ASP.net DomainDataSource - This control will enable you to create an ASP.net application that can talk to your DomainService
  5. WCF client proxy auto generation/updating for WCF Core Service – This enables you to get up-to-date WCF proxy and configuration each time you build your solution, when you add Silverlight-enable WCF service in your Silverlight application.

何だか、Soap endpointも提供してくれる機能があるらしい・・・。ということは、コンソールアプリケーションからもRIA Servicesが使えるのかも!?
ちょっとアツイ。後でちぇくするためにメモ。

http://www.microsoft.com/downloads/en/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=7b43bab5-a8ff-40ed-9c84-11abb9cda559