かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

MongoDBことはじめ

Windows 8にMongoDB入れてみました。入れたといっても、本当にお試ししてるだけですが。インストールはダウンロードページからお目当てのプラットフォームのをダウンロードしてzipを解答して、binフォルダへパスを通すだけでした。

基本的なコマンド

ということで、インストールしたあとに遊ぶためのコマンド覚書

  • mongo
    • MongoDB shellが起動します。ここで色々やります。
  • show dbs
    • DBを見ます
  • use データベース名
    • カレントのDBをデータベース名で指定したものに変更します。DBが無い場合は勝手に作成します。
  • db
    • 現在のDB名が表示されます。
  • db.テーブル名.save()
    • db.テーブル名.save({hoge:"fuga", boo:10})のようにsaveメソッドにjsonを渡すと勝手にテーブルを作ってデータを突っ込んでくれます。
  • db.テーブル名.find()
    • データを返します
  • show collections
    • テーブル一覧を表示します。