読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Blend for Visual Studio 2015の小さな新機能 VSMのSetter対応

okazuki.hatenablog.com

VisualStateManagerで値をさくっと変えるときはStoryboardじゃなくてSetterで可能になりました。便利!これで手書きXAMLがはかどるというのもありますが、デザイナからプロパティを変更したときも、このSetterが使われるようになってます。

デザイナからRelativePanelのプロパティを書き換えたらこんな感じのXAMLが生成されます。

<VisualState x:Name="VisualState2">
    <VisualState.Setters>
        <Setter Target="TextBlock1.(RelativePanel.Above)"
                Value="Button1" />
    </VisualState.Setters>
</VisualState>

デザイナからのXAMLもすっきりしていいですね。