かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

クライアントサイドから見たConnect(); 2016はどうだったかという感想

UWPに関しては華麗にスルーされてました。(悲しい) ただ、Visual Studio 2017 RCでは、試してないけどUWP開発のための機能強化も結構含まれてるのでさみしくなんかありません。 デモアプリもUWP多かったですしね!

ということで本題です。

クライアントサイドで発表されたこと

ほぼ、Xamarinに絡んでいる点が特徴です。

  • Visual Studio Mobile CenterのPreview
    • モバイルアプリ(Xamarinだよね)開発のための便利なものの組み合わせ。XamarinテストクラウドやHockeyAppとか
  • Visual Studio for Mac
    • Xamarin Studioどうなるの?という感じのXamarinによるモバイルアプリ開発とサーバーサイド開発もできるできる子
  • TizenがまさかのXamarin.Formsで開発可能
  • UI Automationのテストが改善されたみたい(コードの見たいところが見えなかったので詳細は不明)

所感

盛りだくさんなイベントでしたが、クライアントサイドに絞ると意外とあっさりしてます。

Visual Studio Mobile Center Preview

Mobile Centerは、今までばらばらだったものがまとまるという点で歓迎すべきことですね。 実際に使って評価してみて、Blog書けたらいいなと思います(お金かからなかったら…)

Visual Studio for Mac

Visual Studio for Macは、事前お漏らしが無ければ最高に沸いた発表だったと思うのですが、ちょっと残念でしたね。Macでもモバイルアプリに限定されますが、Webアプリ側も含めたすべての開発ができる環境(Xamarin Studioでも出来てたみたいだけど)がきちんと皆に認識されたのは大きな変化だと思います。 .NET Core自体も1.1でパフォーマンス改善なども入って、よりよくなっているのでMacだけで、.NETを使ってモバイルアプリのフロントエンドからバックエンドまで開発するというプロジェクトが出てくる感じがしますね。

UI Automation

UI Automationは、使いやすいといいな。詳細に期待。

Tizen

個人的に一番びっくりしたのがこれです。

Tizenといえば日本国内の展開がどうなったかというのは置いておいて、HTML5ベースでのアプリ開発を行うというのが1つのウリだったと記憶しています。 それが、ここにきてVisual Studioを使って.NETで開発を行う方向に舵を切ったのは興味深いなと思いました。

個人的には、.NET + Visual Studioという組み合わせは最高の開発生産性を出せる組み合わせの1つだと思っているのでHTML5をエディタでちまちま書いてるのに比べるとダントツで作りやすいし、Xamarin.Formsベースということは、基本的なUIを構築するための(ここ大事)コントロールが揃ってるということになります。

Twitterでも呟きましたが

  • Mac
  • Android
  • iOS
  • Windows Phone
  • Windows 8.1
  • UWP
  • Tizen

というプラットフォームに対応できるほどUIという難しいレイヤを抽象化できているXamarin.Formsというフレームワークが本当に素晴らしいと思いました。XAMLも書けるしね!

Xamarin.Formsは、やっぱりアツイテクノロジですね。

まとめ

Tizenちょっと興味出てきた。MacBook Pro買いたいな…。