かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

Azure Mobile Appsでポータルから作ってないjsから作ったテーブルでもEasy Tableを使おう

過去記事

あらすじ

今回はクラウドよりのお話です。

Easy Table

簡単テーブルとドキュメントで書かれてる謎機能ですが、データを確認したりアクセス権を簡単に設定できたり便利なので、ポータルから作成したんじゃない、自分でtablesフォルダにjs(ts)をおいて作ったテーブルでも使いたいと思うことがあります。

とりあえずテーブル名.tsと同じ並びでテーブル名.jsonを作って以下のような内容のファイルを作っておくとよさそうです。

{
  "softDelete" : true,
  "autoIncrement": false,
  "insert": {
    "access": "anonymous"
  },
  "update": {
    "access": "anonymous"
  },
  "delete": {
    "access": "anonymous"
  },
  "read": {
    "access": "anonymous"
  },
  "undelete": {
    "access": "anonymous"
  }
}

これがあると、Easy Tableが使えます。が…。サーバーでパーミッションをいじった結果をローカルに持ってくる手段がわからないです…。ここらへん悩みどころ。