かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

Parts and States モデルでNumericUpDownコントロールをBlendとVisual Studioを使って作ってみた

誰からもリクエストがないと思ってしょんぼりしてた、こんな動画見てみたいエントリにNIMさんからリクエストがきました!!

NIMさんのコメント

Expression Blend のTemplate編集は、メニューが独特でなかなかわかりにくいので、手順を教えて頂けるとありがたいです。
今年のTech ed では、川西さんが、Parts & State モデルでUpDown コントロールを作成する方法を紹介されてましたが、特にWPF のVSMは情報が少ないので、どうするとどうなるのかを動画で見せて頂けると助かります。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc278064(VS.95).aspx

ということなので、リンクの先のNumericUpDownコントロールをつくってみようと思います。
作ってみようと言ってもリンクの先とは以下の点が違います。

  • フォーカスに関するVisualStateは定義しない
  • SilverlightじゃなくてWPFで作ってみる
  • 微妙に背景とかが違う
  • C#のコードを書くところは時間の関係で省いてます


実際にコードがどうなってるかは、以下のリンクからダウンロードしてみてください。
WpfCustomControlApp.zip