かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

Desktop Bridge のアプリの提出方法が変わったみたいですね

何処にも公式アナウンスが無さそうなのですが…。ドキュメントを総合的に見ると変わってるというのがわかるという。

まず、アプリケーションの機能のところに Restricted capabilities があります。

docs.microsoft.com

その中にこんな一文が

Restricted capability approval process
Previously, we required you to contact support to get approval to use a capability. We now allow you to provide this info in your Dev Center dashboard as part of the submission process.

前はサポートに問い合わせが必要だったけど ダッシュボードに特別な権限が必要な場合は入力できるようになったという感じですね。 実際に特別な権限を追加したパッケージをアップロードすると、申請の申請オプションに制限付き機能の項目がぽこっと現れます。

f:id:okazuki:20180521170833p:plain

スクリーンショットにもある通り、特別な権限の中の1つとして runFullTrust という Desktop Bridge を使用したアプリにくっついてくる権限も入ってるということなので、ダッシュボードから普通に提出できるようになりましたということですね。

う~ん、わかりにくい。