かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

プロパティの設定色々

velocity.logを出力しない

runtime.log.logsystem.class=org.apache.velocity.runtime.log.NullLogSystem

jarの中からテンプレートを探す

resource.loader = jar

jar.resource.loader.description = Velocity Jar Resource Loader
jar.resource.loader.class = org.apache.velocity.runtime.resource.loader.JarResourceLoader
jar.resource.loader.path = jar:file:hogehoge.jar <- ここにjarファイル名を指定
jar.resource.loader.cache = false
jar.resource.loader.modificationCheckInterval = 2

classpathからテンプレートを探す

resource.loader = class
class.resource.loader.class = org.apache.velocity.runtime.resource.loader.ClasspathResourceLoader

ちなみにデフォルトはこうらしい

resource.loader = file

file.resource.loader.description = Velocity File Resource Loader
file.resource.loader.class = org.apache.velocity.runtime.resource.loader.FileResourceLoader
file.resource.loader.path = .
file.resource.loader.cache = false
file.resource.loader.modificationCheckInterval = 2

あわせ技(velocityのドキュメントからこぴぺ)

#
# 使用する3つのリソースローダを指定
#
resource.loader = file, class, jar

#
# 'file'と名づけたローダでは、使用するクラスとして FileResourceLoader をセットして
# キャッシュを off にして、 テンプレート用に3つのディレクトリを使用する
#
file.resource.loader.description = Velocity File Resource Loader
file.resource.loader.class = org.apache.velocity.runtime.resource.loader.FileResourceLoader
file.resource.loader.path = templatedirectory1, anotherdirectory, foo/bar
file.resource.loader.cache = false
file.resource.loader.modificationCheckInterval = 0

#
# 'class'と名づけたローダでは、ClasspathResourceLoader を使用する
#
class.resource.loader.description = Velocity Classpath Resource Loader
class.resource.loader.class = org.apache.velocity.runtime.resource.loader.ClasspathResourceLoader

#
# 最後に、'jar'と名づけたローダでは、JarResourceLoader を使用し、
# 2つの JAR ファイルから読み込む
#
jar.resource.loader.description = Velocity Jar  Resource Loader
jar.resource.loader.class = org.apache.velocity.runtime.resource.loader.JarResourceLoader
jar.resource.loader.path = jar:file:/myjarplace/myjar.jar, jar:file:/myjarplace/myjar2.jar