かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

ハローワールドをしてみよう

NetBeans6.8を使って、JavaFXHello worldを書いてみようと思います。
大体は、こんな画面出てすげ〜っ!!って言うHello worldですが、ここでは地味にコンソールから始めてみようと思います。

NetBeansを起動してJavaFX Scriptアプリケーションを作成します。名前はJavaFXHelloWorldにしました。
プロジェクト名を入れた後に、主ファイルを作成というチェックを外して完了を押します。

これで、綺麗さっぱりな空のプロジェクトが作成されます。ごちゃごちゃしてないので素敵です。ソースパッケージで右クリックして、パッケージを作成します。
ここらへんJavaと違いを感じません。

パッケージ名はhelloworldにしました。

helloworldパッケージで右クリックして新規作成から空のJavaFXファイルを作成します。名前は、Mainにしてみました。色々コメントが書いてありますが、コメントを消すと以下のパッケージ宣言だけがしてあるシンプルな中身のファイルが作成されます。

package helloworld;

ここにHello worldを追加していきます。JavaFXでは変数宣言はvarでやるらしいので、message変数を用意してコンソールに出力するメッセージを入れておきます。そして、コンソールに文字列を出力するには、お馴染みのSystem.out.printlnが使えます!

package helloworld;

import java.lang.System;

var message = “こんにちは世界”;
System.out.println(message);

以上で完成です。さくっとF6を押して実行してみると、こんにちは世界とNetBeansの出力ウィンドウに表示されるはずです。