読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

.NETでSQLite使うときの接続情報

System.Data.SQLiteをNuGetで入れた後に以下のような構成を追加する。こうするとDbProviderFactories経由で諸々生成できてハッピー。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<configuration>
  <connectionStrings>
    <add name="sqlite"
         connectionString="Data Source=:memory:;"
         providerName="System.Data.SQLite"/>
  </connectionStrings>
  <system.data>
    <DbProviderFactories>
      <remove invariant="System.Data.SQLite"/>
      <add name="SQLite Data Provider" invariant="System.Data.SQLite"
           description=".Net Framework Data Provider for SQLite"
           type="System.Data.SQLite.SQLiteFactory, System.Data.SQLite" />
    </DbProviderFactories>
  </system.data>
</configuration>

connectionStringは、インメモリDBの時の例。ファイルを使う場合は、以下のサイトあたりを参考に。

SQLite connection strings - ConnectionStrings.com